共依存 チェック 克服

共依存チェックと克服方法

スポンサーリンク

人間関係とは相互補完体制が基本です。
一方的なようでいてどちらも必要としているからこそ、永続的なつながりを構築できるのです。
 では、相互補完体制と言うよりも、共依存症なのではないかと思われる状態をチェックするには何を見ればよいのかと言いますと、まずは性格となります。
 これは優しい人が相手を際限なく甘やかすことにより、とことん駄目にしてしまうという事例がいくつもあるからです。
 その状態を分かりやすく言えば、母親と乳幼児のそれに近いと言えます。
 乳幼児は誰か世話をしてくれる人がいなければ生きていけませんが、母親もこの子は自分が育てねばという気持ちを抱く傾向にあるため、ちょうどバランスが取れる格好になります。
 共依存症状態のカップルだと、どちらかが相手を経済的に面倒を見ているという図になります。
 これは助ける側が、自分がいなくてはこの人は生きてはいけないと思い込んでいる影響もあります。
また、助けられている方もそれが当然、あるいは援助がなければ駄目だと感じているため、彼らからすればおかしなことではないのです。
 そして一度こうなると、抜け出すのは簡単な話ではありません。
周りが彼らの状態をチェックして介入しても、うまくいかないことが殆どです。
スポンサーリンク

 共依存症になりやすい人は、周りから駄目だと言われている人を好む傾向にあり、また自分よりも相手のことを優先するとされています。
 これは向こうが面倒だと感じている雑務を、自分から進んで引き受けるという態度で現れることもあります。
その人から見た、不幸に見える人を助けることに喜びを見出してしまうのです。
 これは自分に自信がない人が、他者を助けることにより存在意義を見つけるというパターンにも当てはまります。
自分のことを理解してくれるのはこの人だけだと思い込むことにより、安心感と充足感を得るのです。
 そのため、周りがこの人は共依存症状態にあるのではと感じたら、その人の行動をチェックしてみるとよいでしょう。
 明らかにその人がやらなくてもよいことを忙しそうにやっているのであれば、ほぼ確実にそうだと言えます。
 共依存症にあるカップルをどうにか別れさせたいのであれば、彼らが自分の時間をきちんと設けるようになったかをチェックするようにしましょう。
 これは、顔を合わせている限り、そのままずるずると関係を続けてしまうことが多いため、必須となります。
 自らに自信を持ち、大切にすることが、泥沼から抜け出すに際して肝要となります。
スポンサーリンク