彼氏依存症 治療 症状

彼氏依存症の症状と治療について

スポンサーリンク

人生において恋愛をする経験は、誰もが体験することです。
恋愛というのは、心が動くような特別な相手にときめきや幸福感を感じて満たされるようになることです。
切ない気持ちや嫉妬などの感情も生まれますが、それ以上に幸せを感じることが多いと言われています。
彼氏依存症とは、彼女が彼氏に気持ち的に依存してしまうことを言います。
最初は幸せいっぱいでも、次第に気持ちだけでなく生活が彼氏中心になり彼氏に愛されているのか不安を感じることで毎日辛い思いをすることも多いと言われています。
症状が強くなると、自分には彼氏しか居ないと感じたり彼氏の行動をしっかり把握出来ていないと不安が強くなったりします。
これは、子供のころに親に愛されていた自覚がない人などに多い傾向にあります。
親から愛されなかったという気持ちが、大きくなってから彼氏に一方的に尽くすようになり彼氏依存症として症状を引き起こします。
愛されていなかったと感じることから、愛されることと愛することがわかっていないことが多いと言えます。
彼氏依存症は、症状が進行すると心身ともに不安定になったり日常生活に支障が出ることもあるのでしっかりと治療を行っていくことが大切になります。
スポンサーリンク

彼氏依存症の治療方法は、愛され方と愛し方を学ぶことから始まります。
まずは、自分をよく知り自分の好きなところをあげて自分のことをどんどん好きになっていくことが大切です。
人間は皆どんな人でも、長所もあれば同じように短所もあります。
短所ばかりに目を向けるのではなく、長所にも目を向けて自分の好きな部分を色々と見つけていくことが大切になります。
自分のことが一度好きになれると、自信がつくので彼氏の気持ちを探ったり把握できない行動がいちいち気になったりするようなこともなくなり少しずつ、依存せずに適度な距離を保ちながら関係を続けていくことが出来るようになります。
自分のことを心から本当に好きになり、大事にしていくことはすぐに出来ることではないので少しずつ時間をかけながら対処していくようにします。
心身ともに既に辛い状態の場合は、心療内科で症状に合わせて薬物治療を受けることも可能ですが根本的な治療としては自分自身で依存を克服することが大切です。
彼氏に正直に気持ちを伝えたり、友人などに話を聞いてもらうなど周りの支えも必要となってくるので自分の中に苦痛をため込まずに辛い時は外に吐き出せる環境を作ることも必要になります。
スポンサーリンク