共依存から抜け出す方法

トラブルに見舞われずに共依存から抜け出す方法について

スポンサーリンク

共依存とは親子や夫婦、恋人などがお互いに相手に対して精神的に依存してしまい、離れられない状態を指します。
一般的には片方がもう片方に対して暴力を振るったり金銭を要求するなどの好意を続けていながら状況を打開せずにそのまま長続きさせてしまう状態がイメージされますが、目立たない形で精神的に拘束されてしまうケースも多いため、表面化しにくい問題があります。
また、共依存は当事者に自覚が無いことが多いのも改善が難しい原因の一つです。
共依存から抜け出す方法は当事者に現状を自覚させるのが基本なので、状態を客観的に理解できるように精神状態を確認する必要があります。
特に暴力行為を受けながらも相手と離れるのを拒否するケースは改善が難しいことから、時間をかけて根気強く対処する姿勢を持つことが大切です。
共依存から抜け出す方法は人によって効果が異なることから、状況を冷静に分析したうえでタイミング良く接することが早期の改善に繋がります。
場合によっては周囲の環境を一新させて刺激を与えることが解決に繋がることもありますが、過度な刺激は却って状況を悪化させてしまう可能性もあることから状況を踏まえたうえで慎重に判断することがトラブル回避の心得になります。
スポンサーリンク

共依存から抜け出す方法については当事者を一時的に引き離して生活させるのが最も一般的な方法とされています。
暴力行為を伴ったり、金銭の浪費が激しい場合は心身のダメージを軽減させる目的で強制的に行われるケースもありますが、逆に依存を強くしてしまうこともあるので注意が必要です。
また、親子や親戚で共依存の関係になっている場合は一人暮らしが難しいケースもあることから、当事者同士を引き離さずにカウンセリングで問題点を解消させる方法が主流になります。
生活環境を急変させないことで過度な刺激に見舞われない利点がある一方、第三者による介入を阻む目的で共依存の関係にある当事者の結束が強くなってしまう可能性もあるので事前にお互いの精神状態を確認しておく必要があります。
共依存から抜け出すためには本人が現状を変える意識を強く持つことが最も大切なので、他者が必要以上に介入すると逆効果になってしまう点を注意します。
特に行動の制限や家屋への侵入は違法行為になってしまうことから、対処する側は法律を遵守して適切な方法を選ぶことがトラブルの予防に繋がります。
また、共依存は表面的には改善されたように見えてもすぐに再発してしまうことも多いので、見た目だけで判断せずに根気強く接し続けて状態を確認することが大切です。
スポンサーリンク