子供に依存する母親

子供に依存する母親が問題を乗り越える

スポンサーリンク

子供に依存する母親にはいくつかの特徴があります。
一つ目は、自分自身の人生に対する挫折感を抱えている点です。
例えば学生時代に高偏差値の学校に通いたかったのに入学できなかったり、希望する会社に入れなかった場合、人間は自分の人生に不満を覚えます。
その時過去の自分の生活態度や甘さを恨み、もう一度あの時代に戻れたら同じ失敗は繰り返さないと後悔するのです。
なかにはこうした挫折のせいで両親に蔑まれたり、友人にコンプレックスを抱いたまま成長してしまう女性もいるでしょう。
子供に依存する母親の中にはそうした過去への後悔を子供に託してしまう人が存在しています。
そのような母親は自分が希望している学歴を子供に叶えさせようとしてスパルタ教育を行うのです。
またこうしたタイプの子供に依存する母親は、子供が自分の決断とは異なる人生選択を選ぶのを許しません。
このような母親が子供への期待と言う依存から脱却したい場合、まずは子供を通さずに自分で自分の人生に折り合いをつける事が大切になります。
挫折感を克服するために新しい事にチャレンジしたり、抱えているトラウマに向き合うと良いのです。
特に母親自身が両親に対して抱えている不満がある場合は、そうした問題を整理しましょう。
スポンサーリンク

厳しい形ではなく優しい形で子供に依存する母親も存在しています。
例えば人間関係を形成する事に特定の苦手意識を抱えている女性は友達がいません。
こうした女性にとって自分の「世界」は子供になりがちであり、我が子に友達の役割も背負わせてしまうのです。
母親が自分の愚痴や弱音を伝えたり甘えてしまう場合、子供は愛情と同時に負担を覚えがちです。
このような形で子供に依存する母親が問題を克服したい場合はまず自分で自分の世界を広げてみましょう。
習い事をしたり趣味のサークルに加入すれば友達を作るチャンスが増えます。
母親が自身の問題に向き合う姿を見る事によって子供自身の成長も促せるのです。
また人間関係に関して特定のトラウマを抱えている際はカウンセリングなどを受けると良いでしょう。
子供は母親に対して頼りがいを求めます。
まだ精神的に未発達な子供達にとって母親は自分を育んでくれる教師でもあるのです。
こうした存在に不安や後ろ向きな気持ちを真正面からぶつけられてしまった場合、子供達は不安定になりますので注意しましょう。
子供の心情をキャッチしたい時は保育園や学校の先生と良く情報交換する事が大切です。
それによって子供が不安定になっている場合、いち早く問題を理解できるのです。
スポンサーリンク