依存心の強い人 特徴

依存心の強い人の特徴と様々な対処法

スポンサーリンク

依存心とは、人に頼る気持ちです。
依存心が強くなってしまう原因は、人によって様々です。
しかし原因の多くは、親との関わり方にあると言われています。
幼少期に親からの愛情が薄く、自分の気持ちを受け止めてもらえなかった人は、他人に愛情を求めるようになります。
優しく接してくれる人に執着することで、無意識に依存心を強めていきます。
依存心の強い人の特徴は、いくつかあります。
1つ目は、自己肯定が苦手な人です。
他人に依存してしまう人は、自分を価値のない存在だと思っています。
常に不安な気持ちがあるので、他人に依存する特徴があります。
2つ目は、自分ひとりで物事を判断できない人です。
自信がないので、誰かの意見や指示を求めます。
判断や行動に責任を持ちたくないので、誰かのサポートを求める特徴があります。
3つ目は、自己顕示欲が強い人です。
自信がないことを隠すために、自分を立派な人間に見せようとします。
自慢話や都合の良い嘘をつきます。
他人からの評価を気にする特徴があります。
4つ目は、精神年齢が低い人です。
自分に自信がなく何でも他人に頼ってしまうので、子供のような思考を持っています。
思い通りにならないと機嫌が悪くなったり、言い訳が多くなる特徴があります。
スポンサーリンク

依存心の強い人への対応は難しく、慎重に対応しなければさらに依存を深めることになります。
依存心の強い人の特徴をうまく捉えて対処することが大切です。
まずは、自己肯定をさせるために相手の良い所を褒めます。
褒められることで、自分に自信が付いて肯定的になることがあります。
また、自慢話や見栄のための嘘を嫌がらずに聞いてあげることも自己顕示欲を満たすことになります。
自己顕示欲が満たされることで、自信に繋がり周りからの評価に気を取られることがなくなります。
執着する相手に疲れてしまった時は、距離を取ることも大切です。
しかし、急に距離を取ろうとすると相手に気付かれます。
依存心の強い人は、執着している人から見捨てられることをとても恐れています。
自分から離れようとする人に対して、さらに酷い執着をするようになります。
徐々に距離を取ることで、自分に向けられていた依存心は、他の人や物に向けられるようになります。
また、趣味や習い事を勧めることで依存心が弱くなる場合もあります。
集中できるものを見付けると他人への執着や興味が薄れます。
依存心の強い人は、他人に執着することで愛情を得ようとします。
依存の原因や特徴は様々なので、相手に合った対処法を利用して依存度を下げることが大切です。
スポンサーリンク